toggle
toggle
2017-04-16 | 熊本地震

熊本地震 から一年 阿蘇神社 20170416

清水建設による災害復旧工事中の阿蘇神社 楼門

2016年4月16日の熊本地震本震から一年経った阿蘇神社の様子を撮影しました。

阿蘇神社は、4月14日21時26分以後、熊本県と大分県で相次いで発生した熊本地震の16日の本震で、楼門と拝殿が全壊し、境内の3箇所の神殿も損壊しました、現在2022年をめどに再建を行われています。

楼門は、工事のための防音膜がかけられ、直に見ることはできませんが、夕日に浮かぶシルエットを撮影することができました。

阿蘇神社では、おんだ祭りや、火振り神事など、熊本地震後も祭祀を止めること無く続けられ、お正月には餅つきもありました、仮拝殿では、結婚式も行われ、阿蘇の人々と共に、復興に向けて力強く歩まれています。

阿蘇神社の写真

*クリックで画像を拡大できます。

満開の桜と復旧工事中の阿蘇神社(施工 清水建設)

防音シートで保護された阿蘇神社

防音シートで保護された阿蘇神社

倒壊した拝殿跡

倒壊した拝殿跡

2016年4月16日の本震で倒壊した阿蘇神社の楼門 (南東から撮影)


阿蘇神社ホームページ
http://asojinja.or.jp/

阿蘇神社Facebook
https://www.facebook.com/asojinja/

寄付(奉賛金)「阿蘇の精神的支柱」阿蘇神社の再建に支援を!
http://donation.yahoo.co.jp/detail/5066001/


阿蘇神社その他の写真

阿蘇神社 門前町 竹灯篭

阿蘇神社 御朱印帳

阿蘇神社復興支援 蛍丸サイダー

阿蘇神社の宝刀蛍丸を再生する「蛍丸伝説をもう一度!大太刀復元奉納プロジェクト」の火入れ式


災害体験Japanを運営する、株式会社情報開発研究所の本

震災ドキュメントシリーズ 熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか

著者:工藤 英幸(株式会社情報開発研究所)

内容紹介
(株)情報開発研究所は、熊本県との県境にある大分県竹田市に所在しています。
熊本地震の4年前には、九州北部豪雨に被災した地元の竹田災害ボランティアセンターでの復旧活動を支援するITシステムを開発していました。
その経験を活かし、熊本地震発生直後(大規模な前震が発生した4月14日)、地震関連の情報発信を開始しました。そして4月22日には、ホームページ製作やドローン空撮、360度映像等のIT技術資産を駆使して、独自メディアサイトをオープン。サイトにアクセスして「ほっとした」「安心した」等の感想が寄せらています。

また、地震発生後から地域や近隣エリアを心配する声は多く、現在も風評被害の影響が続く中で、阿蘇・熊本や久住高原、長湯温泉に関する独自メディアをそれぞれ立ち上げ、ドローン空撮動画や情報コンテンツを、随時、更新、運営しています。

本書は地震発生直後に、地元で地震関連の情報発信を開始した、メディアサイトの立ち上げから活動の奮闘の記録です。

引用:Amazon [熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか (震災ドキュメント]

Amazonで購入することができます。

Kindle版

Kindle版

印刷版

印刷版

震災ドキュメントシリーズの詳細はこちらから

インプレスR&D「震災ドキュメントシリーズ 熊本地震から一年」


熊本地震 から 一年 震災ドキュメントシリーズ 新刊 「 被災者と災害ボランティアの共生をめざして 」著者:﨑浜 公之

インプレスR&Dより、様々な形で熊本地震を体験した著者達が、それぞれの体験を通して書いた震災ドキュメントシリーズに新刊が登場しました。

著者 﨑浜公之さんが、記した、被災者支援の新しい可能性を提唱する論文を書籍にまとめられたものです。

熊本地震後で、被災現場に17回訪問され、64日間の活動の中でリサーチし、被災者と支援者のニーズに触れ、研究された内容から、被災者の見えないニーズを見つける方法論と、新しい支援のありかたを提唱されています。

書籍紹介

被災者と災害ボランティアの共生をめざして-熊本地震の現場から被災者のニーズを問い直す

著者:﨑浜 公之

内容紹介
本書は著者が平成28年熊本地震の現地調査を踏まえて、新しい被災者支援の可能性を提唱する論文を書籍にしたものです。

本書のもとになる調査は、平成28年熊本地震を事例として扱い、主な調査フィールドとなった熊本県上益城郡益城町では、発災翌日の4月15日に初めて現地入りした後、継続的に恊働的実践及びアクションリサーチを行い、訪問回数は17回、活動日数は64日となっています。調査の結果、ニーズには、言語化可能なものと言語化困難なものがあること、被災者と支援者という一義的な関係において発せられるものと生活者同士の対話的な関係において発せられるものがあることがわかりました。

災害時における被災者の「ニーズは聞いたらわかる」というわけではないし、「ニーズは被災者が、もしくは支援者が一方的に規定する」というわけではないという立場から、ニーズはいかに分類され得るか、そしてそれらに対していかなる被災者支援が求められるかについて、考察します。

引用:Amazon [被災者と災害ボランティアの共生をめざして-熊本地震の現場から被災者のニーズを問い直す (震災ドキュメント(NextPublishing)) オンデマンド (ペーパーバック) – 2017/4/21]

Amazonで購入することができます。

Kindle版

被災者と災害ボランティアの共生をめざして-熊本地震の現場から被災者のニーズを問い直す (震災ドキュメント(NextPublishing))
Kindle版

印刷版

被災者と災害ボランティアの共生をめざして-熊本地震の現場から被災者のニーズを問い直す (震災ドキュメント(NextPublishing)) 印刷版

印刷版


災害体験Japanを運営する、株式会社情報開発研究所の本

震災ドキュメントシリーズ 熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか

著者:工藤 英幸(株式会社情報開発研究所)

内容紹介
(株)情報開発研究所は、熊本県との県境にある大分県竹田市に所在しています。
熊本地震の4年前には、九州北部豪雨に被災した地元の竹田災害ボランティアセンターでの復旧活動を支援するITシステムを開発していました。
その経験を活かし、熊本地震発生直後(大規模な前震が発生した4月14日)、地震関連の情報発信を開始しました。そして4月22日には、ホームページ製作やドローン空撮、360度映像等のIT技術資産を駆使して、独自メディアサイトをオープン。サイトにアクセスして「ほっとした」「安心した」等の感想が寄せらています。

また、地震発生後から地域や近隣エリアを心配する声は多く、現在も風評被害の影響が続く中で、阿蘇・熊本や久住高原、長湯温泉に関する独自メディアをそれぞれ立ち上げ、ドローン空撮動画や情報コンテンツを、随時、更新、運営しています。

本書は地震発生直後に、地元で地震関連の情報発信を開始した、メディアサイトの立ち上げから活動の奮闘の記録です。

引用:Amazon [熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか (震災ドキュメント]

Amazonで購入することができます。

Kindle版

Kindle版

印刷版

印刷版

震災ドキュメントシリーズの詳細はこちらから

インプレスR&D「震災ドキュメントシリーズ 熊本地震から一年」


1 2 3 4 5 26
広告