menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 浅間山で噴火が発生
  2. 九州 大雨 ライブ配信 2019年7月3日15時半頃 大分県 氾濫危険…
  3. 【検証】九州「災害級の大雨」今後も続く恐れ 2つの滝の増水を通常の水量…
  4. 豪雨災害や地震を乗り越えて歩む「奇跡のトウモロコシ」日本テレビ出演等 …
  5. 2019年6月18日 山形県沖で発生した地震に関するクライシスレスポン…
  6. 【地震・災害】強震モニタ マルチウィンドウ ライブ(配信地点:長崎 &…
  7. 新潟で震度6強【LIVE】 最新地震・気象情報 ウェザーニュースLiV…
  8. 動画:平成2年(1990) 大水害 大分県竹田市
  9. 【動画】阿蘇大橋周辺で発生した大規模な斜面崩壊(2016熊本地震)の現…
  10. 【動画】平成28年(2016) 熊本地震発生直後 阿蘇大観峰に集結した…
閉じる

災害体験 Japan

福島県沖でM7.4の地震 1週間程度は同規模の地震に注意 NHKニュース 他 福島県沖地震関連ニュース


22日朝、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、福島県などで震度5弱の揺れを観測したほか、宮城県の仙台港では1メートル40セ…

引用元: 福島県沖でM7.4の地震 1週間程度は同規模の地震に注意 | NHKニュース

福島県沖地震関連ニュース

平成28年11月22日(火)福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震関連ニュース

平成28年11月22日(火)午前 官房長官記者会見

福島県沖を震源とする地震について(1) 本日5時59分頃、福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震が発生しました。この地震に伴い、福島県に津波警報が発表されているほか、青森県から千葉県の太平洋沿岸に津波注意報が発表されております。

引用元: 平成28年11月22日(火)午前 平成28年 官房長官記者会見 首相官邸ホームページ


神戸新聞NEXT|社会|福島県沖地震 兵庫県からの支援者「住民は冷静」

 22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震があり、福島、茨城、栃木の3県で震度5弱を観測した。仙台市に140センチ、福島県

引用元: 神戸新聞NEXT|社会|福島県沖地震 兵庫県からの支援者「住民は冷静」


福島県沖でM7.4の地震、津波注意報を解除 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

【11月22日 AFP】(更新)22日午前6時前、福島県沖の太平洋(Pacific Ocean)を震源とするマグニチュード(M)6.9 の地震が発生した。

引用元: 福島県沖でM7.4の地震、津波注意報を解除 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


【福島県沖M7.4の地震】発生メカニズムを詳しく | ウェザーニュース

11月22日(火)5時59分、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生しました。震源の深さは25kmで津波が発生しました。

引用元: 【福島県沖M7.4の地震】発生メカニズムを詳しく | ウェザーニュース


福島沖地震、51万人に避難指示・勧告 14人が負傷:朝日新聞デジタル

 22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、福島、茨城、栃木3県で震度5弱を観測、青森から東京(八丈島など)の7都県に津波が到達した。宮城県の仙台港では高さ1・4メートルの津波が観測さ…

引用元: 福島沖地震、51万人に避難指示・勧告 14人が負傷:朝日新聞デジタル


M7級、海底ずれ津波=福島県沖地震「今後も注意」-気象庁:時事ドットコム

福島県沖の地震により仙台港で最大1メートル40センチの津波を観測したのは、マグニチュード(M)が7.4と大きかった上、震源が深さ25キロと比較的浅く、海底がずれたためだ。気象庁の中村浩二地震情報企画官は「今後もM7級の地震が浅い所で起きると、津波を伴う可能性がある」と注意を呼び掛けた。
〔写真特集〕福島県沖を震源とする地震~福島第2原発の映像~

引用元: M7級、海底ずれ津波=福島県沖地震「今後も注意」-気象庁:時事ドットコム


【福島県沖地震】宮城県多賀城市、逆流する砂押川 Twitterに動画が投稿される

宮城県多賀城市の多賀城駅近くの砂押川で、津波が押し寄せる映像が撮影され、Twitterに投稿された。

引用元: 【福島県沖地震】宮城県多賀城市、逆流する砂押川 Twitterに動画が投稿される


楽天、入団会見の延期検討も 福島県沖地震で:日本経済新聞

 仙台市を本拠地とする楽天では、福島県沖の地震の影響で予定していたイベントの延期が検討された。余震が小康状態になったとの判断で新入団記者会見や契約更改交渉は予定通り実施されたが、嶋基宏捕手は「こんな日…

引用元: 楽天、入団会見の延期検討も 福島県沖地震で  :日本経済新聞


福島沖でM7.4地震、東電原発で冷却系一時停止-津波1.4メートル – Bloomberg

22日午前5時59分ごろ福島県沖を震源とする地震が発生した。規模を示すマグニチュードは推定7.4で、8時3分に仙台港で1.4メートルの津波が観測された。東京電力ホールディングスの福島第二原子力発電所で燃料プール冷却浄化系が一時自動停止したが運転を再開しており、設備への影響は出ていない。

引用元: 福島沖でM7.4地震、東電原発で冷却系一時停止-津波1.4メートル – Bloomberg


福島県沖でM7.4の地震…東日本の鉄道各線も一時運休 | レスポンス(Response.jp)

11月22日5時59分頃、福島県沖でマグニチュード7.4と推定される地震が発生した。東日本大震災の余震と見られる。気象庁は福島・宮城両県に津波警報、青森・岩手・茨城・千葉各県に津波注意報を出したが、13時までに全て解除した。

引用元: 福島県沖でM7.4の地震…東日本の鉄道各線も一時運休 | レスポンス(Response.jp)


動画:福島県沖地震、安倍首相がアルゼンチンで会見 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

【11月22日 AFP】アルゼンチンを公式訪問中の安倍晋三(Sinzo Abe)首相は、22日午前6時前、日本で福島県沖の太平洋(Pacific Ocean)を震源とするマグニチュード(M)6.9 の地震が発生したのを受け、会見を行った。

引用元: 動画:福島県沖地震、安倍首相がアルゼンチンで会見 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


福島沖地震、企業もSNSで情報発信:日本経済新聞

 22日早朝に福島県沖で発生した最大震度5弱の地震を受け、企業もツイッターなどのSNS(交流サイト)を通じて情報発信に力を入れた。NTTドコモなどの通信各社がいち早く災害用の伝言板などの利用を促したほ…

引用元: 福島沖地震、企業もSNSで情報発信  :日本経済新聞


福島沖地震、企業は営業休止などで対応 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 福島県沖を震源とする地震と津波で、現地に進出する企業は営業休止などの対応に追われた。

引用元: 福島沖地震、企業は営業休止などで対応 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


福島県沖でM7.4の地震 『ドン・キホーテ』公式『Twitter』が各国語で津波避難呼びかけ

このような中、NHKでは日本語だけでなく英語で「いますぐにげて」と強い調子で避難を呼びかけていますが、総合ディスカウントストア『ドン・キホーテ』も公式『Twitter』アカウント( @donki_donki )が英語・中国語・韓国語・アラビア語でツイートしています。

引用元: 福島県沖でM7.4の地震 『ドン・キホーテ』公式『Twitter』が各国語で津波避難呼びかけ | ガジェット通信

関連記事

  1. 2019年6月18日 山形県沖で発生した地震に関するクライシスレ…

  2. 福岡 大分 九州北部地方 大雨特別警報 ニュース関連まとめ

  3. 浅間山で噴火が発生

  4. 九州ふっこう割第2期・第3弾 11月1日10:00より配布開始。…

  5. 【動画】 防災ヘリとよかぜ 山岳救助活動 大分県防災航空隊

  6. 「震災ドキュメント」シリーズ 『熊本地震 情報通信の被害・復旧・…

広告





ピックアップ記事

  1. 2019年8月7日22時08分頃に浅間山で噴火が発生しました。火口周辺警報(噴火警戒レベルは3。…
  2. 九州 大雨 ライブ配信 2019年7月3日15時半頃 大分県 氾濫危険水位について↓動画再生は、…
  3. 現在、九州「災害級の大雨」今後も続く恐れと報じられています。その渦中で、2つの滝の増水を通常の水…
  4. 災害が多い日本ですが、その中で地道な歩みがあるもんですよね。動画:豪雨災害や地震を乗り越えて…
  5. 2019年6月18日 山形県沖で発生した地震に関するクライシスレスポンスサイトhttp://…
  6. 2019年6月18日22時22分頃、新潟県で最大震度6強を観測する地震が発生しました。余震、津波…
  7. 平成2年(1990) 7月2日に発生した九州地方の豪雨災害の大分県の竹田市の状況を撮影した動画です。…
  8. 今も衝撃の余韻を残す熊本地震の傷跡。2016年4月16日の地震で大規模な斜面崩壊が起きた阿蘇大橋周辺…
  9. 未曾有の災害が繰り返される現代において、災害発生時に注目されるが、あまり報道されない自衛隊による災害…

広告




YouTube

災害体験Japanチャンネルへのチャンネル登録を、お願いいたします。
災害体験Japanチャンネル


ページ上部へ戻る