menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 動画:平成2年(1990) 大水害 大分県竹田市
  2. 【動画】阿蘇大橋周辺で発生した大規模な斜面崩壊(2016熊本地震)の現…
  3. 【動画】平成28年(2016) 熊本地震発生直後 阿蘇大観峰に集結した…
  4. 【動画】平成28年(2016) 熊本地震発生直後 阿蘇赤水地区で表出し…
  5. 【動画】 土石流被災家屋保存公園 Mudslides Affected…
  6. 【動画】 防災ヘリとよかぜ 山岳救助活動 大分県防災航空隊
  7. 九州北部豪雨災害 現場報告 360°動画 NHK NEWS WEB F…
  8. 7月6日大雨に伴う六角川水系の出水状況について 国土交通省 九州地方整…
  9. 福岡 大分 大雨特別警報 ニュースまとめ 西日本新聞
  10. 大分県 竜巻注意情報 気象庁 【Google災害情報】
閉じる

災害体験 Japan 日本の自然災害、地震、台風、豪雨水害等。減災や防災に向き合っていくサイトです。

天気予報等で用いる用語 雨の強さと降り方 気象庁WEBサイト


日本全国で、大雨の引き起こす災害に注意する日が続く梅雨の季節。
天気予報では、毎日降水確率と、一時間あたりの雨量の予測が報道されます。
予報では、降水量によって、雨の強さを表す用語が決められているそうです。

1時間あたりの雨量毎の予報用語

10mm以上~20mm未満:やや強い雨

 この程度の雨でも長く続く時は注意が必要

20mm以上~30mm未満:強い雨

 側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる

30mm以上~50mm未満:激しい雨

 山崩れ・崖崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要。都市では下水管から雨水があふれる

50mm以上~80mm未満:非常に激しい雨

 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある。マンホールから水が噴出する、土石流が起こりやすい、多くの災害が発生する

80mm以上~:猛烈な雨

 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要

※平成24年7月の九州北部豪雨災害最多降雨量「阿蘇市乙姫(熊本)108mm」
※鬼怒川堤防が決壊した平成27年9月関東・東北豪雨の最多降雨量「鳥羽市(三重県)75.5mm」

「強い雨」や「激しい雨」以上の雨が降ると予想される時は、大雨注意報や大雨警報が発表され、注意・警戒が呼びかけられます。
「猛烈な雨」を観測した場合に、「記録的短時間大雨情報」が発表されることがある。
*注意報や警報の基準は地域によって異なる

予報用語詳細(50mm以上~80mm、80mm以上~の雨の場合)

1時間雨量 50mm以上~80mm未満

  • 予報用語:非常に激しい雨
  • 人の受けるイメージ:滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)
  • 人への影響:傘は全く役に立たなくなる
  • 屋内(木造住宅を想定):寝ている人の半数くらいが雨に気がつく
  • 屋外の様子:水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる
  • 車に乗っていて:車の運転は危険
  • 災害発生状況
  • 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある
  • マンホールから水が噴出する
  • 土石流が起こりやすい
  • 多くの災害が発生する

1時間雨量 80mm以上~

  • 予報用語:猛烈な雨
  • 人の受けるイメージ:息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる
  • 人への影響:傘は全く役に立たなくなる
  • 屋内(木造住宅を想定):寝ている人の半数くらいが雨に気がつく
  • 屋外の様子:水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる
  • 車に乗っていて:車の運転は危険
  • 災害発生状況
  • 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要

引用:気象庁WEBサイト「予報用語 雨の強さと降り方」

災害に関する書籍

【熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか】

災害体験Japanを運営する、株式会社情報開発研究所の本

震災ドキュメントシリーズ 熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか

著者:工藤 英幸(株式会社情報開発研究所)

内容紹介
(株)情報開発研究所は、熊本県との県境にある大分県竹田市に所在しています。
熊本地震の4年前には、九州北部豪雨に被災した地元の竹田災害ボランティアセンターでの復旧活動を支援するITシステムを開発していました。
その経験を活かし、熊本地震発生直後(大規模な前震が発生した4月14日)、地震関連の情報発信を開始しました。そして4月22日には、ホームページ製作やドローン空撮、360度映像等のIT技術資産を駆使して、独自メディアサイトをオープン。サイトにアクセスして「ほっとした」「安心した」等の感想が寄せらています。

また、地震発生後から地域や近隣エリアを心配する声は多く、現在も風評被害の影響が続く中で、阿蘇・熊本や久住高原、長湯温泉に関する独自メディアをそれぞれ立ち上げ、ドローン空撮動画や情報コンテンツを、随時、更新、運営しています。

本書は地震発生直後に、地元で地震関連の情報発信を開始した、メディアサイトの立ち上げから活動の奮闘の記録です。

引用:Amazon [熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか (震災ドキュメント]

Amazonで購入することができます。

印刷版

印刷版

Kindle版

Kindle版

震災ドキュメントシリーズの詳細はこちらから

インプレスR&D「震災ドキュメントシリーズ 熊本地震から一年」


災害体験Japan Facebookです。あなたの”いいね”をお待ちしています。


災害体験Japan運営企業「株式会社 情報開発研究所」
企業・団体様からのホームページ製作・動画製作のご発注を、お待ちしております。

関連記事

  1. 「すぐにげて!」と津波警報を伝えたNHK 生きた東日本大震災の教…

  2. 「阿蘇神社復旧見たい」参拝客が急増 : 最新ニュース : 読売新…

  3. 11月1日より復旧作業が本格的に始まりました。 阿蘇神社公式Fa…

  4. 「震災ドキュメント」シリーズ創刊 各社で報道 時事通信 朝日新聞…

  5. 九州ふっこう割第2期・第3弾 11月1日10:00より配布開始。…

  6. 熊本県菊池市で震度4

広告

広告

YouTube

災害体験Japanチャンネルへのチャンネル登録を、お願いいたします。
災害体験Japanチャンネル

Facebook

ページ上部へ戻る