災害

九州北部豪雨災害 現場報告 360°動画 NHK NEWS WEB Facebook

2017年7月5日から6日にかけて、記録的な豪雨に見舞われた九州北部豪雨で被害を受けた、福岡県朝倉市杷木地区。
NHK NEWS WEBのFacebookが、被害の状況を、360°カメラで撮影した動画で伝えています。


豪雨による被害を受けた福岡県朝倉市杷木地区では、山からの流木が住宅の中にまで流れ込んでいました。豪雨災害の現場を360°カメラで撮影しました。(動画2分8秒)

引用:NHK NEWS WEB Facebook(動画が正しく表示されない時はこちら)

360°動画の操作方法:動画の画面をドラッグすると任意の方向の映像を見ることができます。(スマホ・タブレットPCの場合はスワイプ)

福岡 大分 大雨特別警報 ニュースまとめ 西日本新聞


活発な前線の影響で、九州北部の各地で記録的な豪雨が続く北部九州「福岡・大分」。
西日本新聞で、5日に発表された大雨特別警報に関連する福岡と大分のニュースのまとめが掲載され更新が続いています。

福岡 大分 大雨特別警報 ニュースまとめ

2017/07/06 18:06 九州北部、7日夕まで大雨に警戒 積乱雲発生も
九州北部では大気の状態は依然として非常に不安定で、7日夕方まで断続的に非常に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は6日、土砂災害や河川の氾濫、浸水に引き続き警戒するよう呼び掛けた。

2017/07/06 18:03 福岡県で300人超孤立状態
 福岡県によると、九州豪雨の影響で、朝倉市と東峰村の数十カ所で少なくとも300人が孤立状態となっている。

2017/07/06 17:32 九州豪雨で福岡、大分県警への110番 約20件は安否未確認と官房長官
 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、九州豪雨に関する福岡、大分両県警への110番通報のうち約20件は安否がまだ確認できていないと明らかにした。

引用:西日本新聞 注目ニュース「福岡・大分 大雨特別警報ニュースまとめ」

九州では、7日にかけて非常に激しい雨が降るおそれがあり、ひきつづき厳重に警戒するよう呼びかけらています。

1 2 3 4 5 6