阿蘇神社

阿蘇神社の宝刀 名刀 蛍丸 復元 17日奉納

熊本地震で被災し、災害復旧工事が行われている阿蘇市神社へ、6月17日、戦後の混乱の中で失われた宝刀「蛍丸」が復元され奉納されました。

宝刀「蛍丸」は、南北朝時代の阿蘇氏第10代当主「阿蘇 惟澄(あそ これずみ)」が佩用(はいよう)し、ボロボロになった刀身に蛍が群がり刀を直した夢を観て目覚めると、本当に刃こぼれが直っていたと言う伝説を持つ大太刀。(国宝)

この大太刀を復元したのは、福岡県出身で岐阜県関市の刀匠「福留房幸(ふくどめふさゆき)」氏と、阿蘇の市の隣、大分県(竹田市荻町)に日本刀鍛錬場を構える弟弟子の刀匠「興梠房興(こおろぎふさおき)」氏の二人。

興梠房興氏の日本刀鍛錬場の地鎮祭を阿蘇神社の神職が執り行ったのをきっかけに、復元が行われました。ネット上で支援を募り、人気オンラインゲームの「刀剣乱舞(DMMゲームズ・ニトロプラス)」に「蛍丸」が登場する事から話題を呼び、クラウドファンディングで、3,193人が支援、計4,512万円が集まり、復元に至ったそうです。

※写真は2016年8月27日 「蛍丸復元プロジェクト・奉納焼き入れ」を撮影したものです。写真左、福留房幸さん。右、興梠房興さん

 阿蘇神社(熊本県阿蘇市)の宮司・阿蘇家に代々伝わりながら、終戦直後の混乱で行方不明になった名刀「蛍丸(ほたるまる)」を、九州出身の若手刀工2人が太刀の「押し形」(拓本)や写真などをもとに復元し、阿蘇神社に17日、奉納した。熊本地震の被害が残る神社側は「復興の象徴になる」と喜んでいる。
引用:朝日新聞デジタル「名刀・蛍丸の復元、ネットで3千人協力 刀剣乱舞に登場」

熊本地震後の阿蘇山・阿蘇神社 動画

阿蘇神社関連リンク

阿蘇神社ホームページ
寄付(奉賛金)「阿蘇の精神的支柱」阿蘇神社の再建に支援を!
阿蘇神社Facebook


熊本地震関連書籍

災害体験Japanを運営する、株式会社情報開発研究所の本

震災ドキュメントシリーズ 熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか

著者:工藤 英幸(株式会社情報開発研究所)

内容紹介
(株)情報開発研究所は、熊本県との県境にある大分県竹田市に所在しています。
熊本地震の4年前には、九州北部豪雨に被災した地元の竹田災害ボランティアセンターでの復旧活動を支援するITシステムを開発していました。
その経験を活かし、熊本地震発生直後(大規模な前震が発生した4月14日)、地震関連の情報発信を開始しました。そして4月22日には、ホームページ製作やドローン空撮、360度映像等のIT技術資産を駆使して、独自メディアサイトをオープン。サイトにアクセスして「ほっとした」「安心した」等の感想が寄せらています。

また、地震発生後から地域や近隣エリアを心配する声は多く、現在も風評被害の影響が続く中で、阿蘇・熊本や久住高原、長湯温泉に関する独自メディアをそれぞれ立ち上げ、ドローン空撮動画や情報コンテンツを、随時、更新、運営しています。

本書は地震発生直後に、地元で地震関連の情報発信を開始した、メディアサイトの立ち上げから活動の奮闘の記録です。

引用:Amazon [熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか (震災ドキュメント]

Amazonで購入することができます。

Kindle版

Kindle版

印刷版

印刷版

震災ドキュメントシリーズの詳細はこちらから

インプレスR&D「震災ドキュメントシリーズ 熊本地震から一年」


災害体験Japan Facebookです。あなたの”いいね”をお待ちしています。


災害体験Japan運営企業「株式会社 情報開発研究所」
企業・団体様からのホームページ製作・動画製作のご発注を、お待ちしております。

2017-04-16 | 熊本地震

熊本地震 から一年 阿蘇神社 20170416

清水建設による災害復旧工事中の阿蘇神社 楼門

2016年4月16日の熊本地震本震から一年経った阿蘇神社の様子を撮影しました。

阿蘇神社は、4月14日21時26分以後、熊本県と大分県で相次いで発生した熊本地震の16日の本震で、楼門と拝殿が全壊し、境内の3箇所の神殿も損壊しました、現在2022年をめどに再建を行われています。

楼門は、工事のための防音膜がかけられ、直に見ることはできませんが、夕日に浮かぶシルエットを撮影することができました。

阿蘇神社では、おんだ祭りや、火振り神事など、熊本地震後も祭祀を止めること無く続けられ、お正月には餅つきもありました、仮拝殿では、結婚式も行われ、阿蘇の人々と共に、復興に向けて力強く歩まれています。

阿蘇神社の写真

*クリックで画像を拡大できます。

満開の桜と復旧工事中の阿蘇神社(施工 清水建設)

防音シートで保護された阿蘇神社

防音シートで保護された阿蘇神社

倒壊した拝殿跡

倒壊した拝殿跡

2016年4月16日の本震で倒壊した阿蘇神社の楼門 (南東から撮影)


阿蘇神社ホームページ
http://asojinja.or.jp/

阿蘇神社Facebook
https://www.facebook.com/asojinja/

寄付(奉賛金)「阿蘇の精神的支柱」阿蘇神社の再建に支援を!
http://donation.yahoo.co.jp/detail/5066001/


阿蘇神社その他の写真

阿蘇神社 門前町 竹灯篭

阿蘇神社 御朱印帳

阿蘇神社復興支援 蛍丸サイダー

阿蘇神社の宝刀蛍丸を再生する「蛍丸伝説をもう一度!大太刀復元奉納プロジェクト」の火入れ式


災害体験Japanを運営する、株式会社情報開発研究所の本

震災ドキュメントシリーズ 熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか

著者:工藤 英幸(株式会社情報開発研究所)

内容紹介
(株)情報開発研究所は、熊本県との県境にある大分県竹田市に所在しています。
熊本地震の4年前には、九州北部豪雨に被災した地元の竹田災害ボランティアセンターでの復旧活動を支援するITシステムを開発していました。
その経験を活かし、熊本地震発生直後(大規模な前震が発生した4月14日)、地震関連の情報発信を開始しました。そして4月22日には、ホームページ製作やドローン空撮、360度映像等のIT技術資産を駆使して、独自メディアサイトをオープン。サイトにアクセスして「ほっとした」「安心した」等の感想が寄せらています。

また、地震発生後から地域や近隣エリアを心配する声は多く、現在も風評被害の影響が続く中で、阿蘇・熊本や久住高原、長湯温泉に関する独自メディアをそれぞれ立ち上げ、ドローン空撮動画や情報コンテンツを、随時、更新、運営しています。

本書は地震発生直後に、地元で地震関連の情報発信を開始した、メディアサイトの立ち上げから活動の奮闘の記録です。

引用:Amazon [熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか (震災ドキュメント]

Amazonで購入することができます。

Kindle版

Kindle版

印刷版

印刷版

震災ドキュメントシリーズの詳細はこちらから

インプレスR&D「震災ドキュメントシリーズ 熊本地震から一年」


1 2