震災ドキュメント
2016-11-14 | 気になる災害NEWS

「震災ドキュメント」シリーズ 『熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況』発行 インプレスR&Dより

2016年11月4日インプレスR&Dより

「震災ドキュメント」シリーズ 『熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況』発行 スマートフォン・携帯電話やインターネット 被災地での情報伝達にどこまで活用できたのか

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況』(著者:会津泉)を発刊いたしました。

 弊社は、6月に緊急出版した『熊本地震体験記 -震度7とはどういう地震なのか?』に合わせて、全国の地震災害に関する出版企画募集を行い、熊本地震だけでなく、東日本大震災や阪神・淡路大震災を含む多数の応募をいただきました。この度、そこで採用された企画を「震災ドキュメント」シリーズとして発行していくことになりました。本書はその中の1冊で、震災直後に被災地を訪問した著者が、情報通信サービスの被害や活用についてまとめています。

インプレスR&D「震災ドキュメント」シリーズ 『熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況』発行 スマートフォン・携帯電話やインターネット 被災地での情報伝達にどこまで活用できたのか

『熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況』

http://nextpublishing.jp/isbn/9784844397298
著者:会津泉
小売希望価格:電子書籍版 400円(税別)/印刷書籍版 650円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文34ページ
ISBN:978-4-8443-9729-8
発行:インプレスR&D

<<内容紹介>>

 震災直後の16日に情報支援レスキュー隊の「先遣隊」として福岡・熊本を訪問調査し、その後4月と6月の2回にわたって熊本市内、阿蘇地域などの被災地を訪ねました。
 情報通信関連の官庁、企業、利用者、支援者の皆さんにお聞きした内容をまとめ、今回の地震災害で情報通信サービスがどのような被害を受け、復旧を遂げ、活用されたのか、されなかったのか、などについてまとめました。

<<目次>>

第1章 災害と情報の重要性
第2章 情報通信の概況
第3章 サービスの利用状況
第4章 今後の展開について

<<著者紹介>>

会津泉:
多摩大学情報社会学研究所主任研究員・教授
(公財)ハイパーネットワーク社会研究所研究員
1952年仙台生まれ。1980年代はパソコン通信、90年代はインターネットの普及を推進。97年よりマレーシアでアジア・途上国でのインターネットの普及、グローバルな政策課題の研究・実践に取り組む。2000年東京に戻り、デジタルデバイド、インターネット・ガバナンス・フォーラム(IGF)などのグローバルな政策議論に市民社会メンバーとして参加。2011年、東日本大震災を受けて「情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)」設立に参加、利用者中心のネット社会の発展をめざして活動。

書籍販売についてのご案内

    目次

  1. 購入のご案内(Amazon)
  2. 電子書籍版:販売ストア一覧
  3. 印刷書籍版オンライン通販:販売ストア一覧
  4. 印刷書籍版:取り扱い書店
  5. 教文館(書店・東京都銀座)
    蔦屋書店(書店・熊本県)
    長崎次郎書店(書店・熊本県)
    紀伊國屋書店 熊本光の森店(書店・熊本県)

  6. 「震災ドキュメント」シリーズ 紹介WEBページ

syacho_01_600

購入のご案内

「熊本地震」 情報通信の被害・復旧・活用状況
は、Amazon等、書店にて購入できます。
hyoushi2
[電子書籍版(Amazon)] [印刷書籍版(Amazon)]

販売ストア

「震災ドキュメントシリーズ」熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況
こちらの書店にて販売しています。

電子書籍(データ・ダウンロード販売)

発売日:発売中
Amazon
楽天koboイーブックストア
Apple iBookstore (iTunes・iBooks)
紀伊國屋書店 Kinoppy
Google Play Store
honto電子書籍ストア
Sony Reader Store
BookLive!
BOOK☆WALKER
hontoネットストア

印刷書籍(オンライン通販)予約受け付け中

発売日:随時
Amazon.co.jp 11月16日発売開始
三省堂書店オンデマンド
hontoネットストア
ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店
楽天ブックス

印刷書籍(書店)

店頭販売される書店

*本の在庫状況は、お取り扱いの店舗へお問い合わせください。

教文館

東京都中央区銀座4-5-1、TEL:03-3561-8446
地図

蔦屋書店

熊本三年坂店:熊本県熊本市中央区安政町1-2、TEL:096-212-9111
地図

長崎次郎書店

熊本県熊本市中央区新町4-1-19、TEL:096-326-4410
地図

紀伊國屋書店 熊本光の森店

熊本県菊池郡菊陽町光の森7-33-1 ゆめタウン光の森内2F、TEL: 096-233-1700
地図

※各ストアでの発売は準備が整いしだい開始。

「震災ドキュメント」シリーズ 紹介WEBページ

in

http://nextpublishing.jp/shinsai-document

「震災ドキュメントシリーズ」出版社:インプレスR&D

in2
熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか 著者:工藤英幸
http://nextpublishing.jp/book/8188.html
熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況 著者:会津 泉
http://nextpublishing.jp/book/8194.html
熊本地震 老健施設7日間の奮闘記 著者:中村 太造
http://nextpublishing.jp/book/8191.html

「熊本地震体験記」出版社:インプレスR&D

taiken2

熊本地震体験記−震度7とはどういう地震なのか? 著者:井芹 昌信
http://nextpublishing.jp/book/7813.html

【株式会社インプレスR&D】http://nextpublishing.jp/
インプレスR&Dは、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【製品についてのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp

風化させず共有するために、 インプレスR&D、「震災ドキュメント」シリーズ創刊! 全国から寄せられた貴重な記録をNextPublishingで発行。 第一弾は熊本地震3冊、”Bridge熊本”と表紙コラボ

2016年11月2日インプレスR&Dより

 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代出版メソッドNextPublishingにより、「震災ドキュメント」シリーズを創刊し、11月4日から販売を開始します。

「震災ドキュメント」シリーズ 紹介WEBページ

http://nextpublishing.jp/shinsai-document
main

「震災ドキュメント」シリーズラインナップ

弊社は、6月に緊急出版した『熊本地震体験記 -震度7とはどういう地震なのか?』に合わせて、全国の地震災害に関する出版企画募集を行いました。そこで採用された企画(熊本地震だけでなく、阪神・淡路大震災や東日本大震災を含む7タイトル)が、本シリーズでラインナップされます。第一弾発行は熊本地震に関する3タイトルです。

sub1
熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか 著者:工藤英幸
熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況 著者:会津 泉
熊本地震 老健施設7日間の奮闘記 著者:中村 太造

(以下、順次発行予定)
『東日本大震災 陸上自衛官としての138日間の記録』
『現代語で読む寺田寅彦の防災・減災論』
『子どもたちに伝えたいこと〜阪神淡路大震災の被災経験から〜』
『震災を乗り越えて 地震直後からの日常生活とその工夫』
『熊本大震災卒業生が見た4日間〜我々にできること〜』


 大地震災害は、発生時はマスコミ報道などで大きく注目されますが、残念ながら時間の経過と共に風化していくのが常です。本シリーズは、大地震の際に何が起こったのか、何が問題だったのか、どのように対処したのかなど、体験者しか知りえない貴重な情報を出版により共有・継承していただきたいという意図で創刊しました。
 熊本に続き鳥取でも大きな地震が起きました。日本は地震と共に生きていかなければならない国であることを再認識し、知恵を共有することが重要と考えます。

 制作にあたっては、被災地に作られたデザインコミュニティーの「Bridge KUMAMOTO」とのコラボレーションで表紙を作成しています。

販売ストア

書籍:「震災ドキュメントシリーズ」 取扱店

電子書籍(データ・ダウンロード販売)

 Amazon
 楽天koboイーブックストア
 Apple iBookstore [iTunes・iBooksアプリで検索]  紀伊國屋書店 Kinoppy
 Google Play Store
 honto電子書籍ストア
 Sony Reader Store
 BookLive!
 BOOK☆WALKER

印刷書籍(オンライン通販)

 Amazon.co.jp
 三省堂書店オンデマンド
 hontoネットストア
 ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店
 楽天ブックス

印刷書籍(書店)

店頭販売される書店

教文館

東京都中央区銀座4-5-1、TEL:03-3561-8446
地図

蔦屋書店

熊本三年坂店:熊本県熊本市中央区安政町1-2、TEL:096-212-9111
地図

長崎次郎書店

熊本県熊本市中央区新町4-1-19、TEL:096-326-4410
地図

紀伊國屋書店 熊本光の森店

熊本県菊池郡菊陽町光の森7-33-1 ゆめタウン光の森内2F、TEL: 096-233-1700
地図

※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始。

【Bridge KUMAMOTO】
平成28年熊本地震をきっかけに生まれた、「熊本の創造的な復興の架け橋となること」を目標とした、熊本県内外のクリエイターおよび支援者の団体です。クリエイティブ制作、イベント企画、商品開発など、クリエイターや企業の様々な共創を生むことで、外部の支援だけに頼らない自立した復興プラン作りを行っています。
本書の表紙はBRIDGE KUMAMOTOの活動に賛同した、熊本在住の若手グラフィックデザイナーが制作しました。
http://bridgekumamoto.com/
【株式会社インプレスR&D】
インプレスR&Dは、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
http://nextpublishing.jp/
【インプレスグループ】
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
http://www.impressholdings.com/
【製品についてのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール:np-info@impress.co.jp

「震災ドキュメント」シリーズ・熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか 関連リンク。

株式会社 情報開発研究所
熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか 著者:株式会社 情報開発研究所 代表取締役 工藤英幸
http://jouhou-kaihatsu.jp/
株式会社 情報開発研究所公式Facebook
https://www.facebook.com/jouhou.kaihatsu/
情報開発研究所youtubeチャンネル
熊本地震後動画シリーズ、阿蘇大観峰、阿蘇くじゅう国立公園、岡城等、絶景のドローン空撮。
https://www.youtube.com/channel/UCZMhAwOhCiGdLN0Sevb9hwQ?sub_confirmation=1
「震災ドキュメント」シリーズ・熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか
amazon-logo_jp_black
https://www.amazon.co.jp/dp/4844397303
「震災ドキュメント」シリーズ・熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか